News

プレスリリース

2020.06.23 夢や志が社会に向いており、自ら挑戦し、挑戦者を支援・応援するWEIN隊 第0期生創業支援メンバー 1,300名で始動!

 挑戦者 本田圭佑、元ネスレ日本株式会社 代表取締役社⻑兼CEO 高岡浩三、元株式会社 FiNC Technologies代表取締役CEO 溝口勇児が代表パートナーをつとめる「WEIN挑戦者FUND」は、21世紀の課題解決に挑戦する仲間としてWEIN隊を発足いたします。

 5月28日にWEIN挑戦者FUNDの発足にあわせてWEIN隊の応募をはじめたところ、3週間で約4,000名からご応募いただきました。審査の上、今回、「WEIN隊第0期創業支援メンバー」として1,300名の挑戦者が加入することが決定いたしました。

 ご応募いただいた挑戦者は最小年齢14歳、最高年齢は76歳と年齢層も幅広く、500名以上の起業家や、一部上場企業の社⻑、大手コンサルティングファーム、投資会社の役員、また番組制作プロデューサーや、有名アーティスト、著名な作家、トップアスリート、エンジニア、さらにスタンフォード大学など国内外の大学生500名以上が含まれています。
 応募者からは、「社会に向けて何か貢献したい。小さなことでもできることをしたい。」などコメントをいただき、本当に多くの熱意ある応募をいただきました。

 代表パートナーや運営が応募者からの応募内容を全て一つひとつ確認し、挑戦に関わりたいという想いの強さを審査の基準として審査させていただきました。当初の想定を大幅に越える方々にご応募頂き、審査・承認作業に膨大な時間を要してしまい、皆さまには、大変ご迷惑をおかけしました。
 全ての審査が完了しましたので、随時、審査を通過した皆さまに、WEIN隊第0期創業支援メンバーの加入通知を送付させていただきます。尚、追って決起イベント等のスケジュールもお知らせいたします。

 今後WEIN隊では、夢や志が社会に向くスタートアップの支援やNPO団体の経営サポート/活動支援、トップアスリートやアーティスト等プロフェッショナルとのコラボレーションなど様々な挑戦を一緒に行ってまいります。

 WEIN挑戦者FUNDは、WEIN隊の皆さまとともに21世紀の課題解決に向け、引き続き挑戦してまいります。

【WEIN挑戦者FUND】

「WEIN挑戦者FUND」は21世紀の課題に挑む挑戦者を支援し、また、自らも事業を行い21世紀の課題解決に向け挑戦するファンドです。現在、新型コロナウィルス感染症拡大の影響で厳しい状況が続いており、社会的にも不安が広がっています。しかし、変革期を迎えた今だからこそ、挑戦者が現れ日本がリーダーになると我々は信じています。

 そのために、夢や志が社会に向く挑戦者や挑戦に関わる人を増やし、資金的にも人材的にもノウハウ的にも体系的にしっかりサポートすることが非常に重要であると我々は考えます。我々は、自らも挑戦者となり、挑戦者のための「国内No.1の挑戦者プラットフォーム」をつくってまいります。

1. 21世紀の課題解決に挑む「国内のスタートアップ投資」
投資するだけでなく、スタートアップに不足しがちな人的リソースや、成⻑資金戦略、マーケティングなどのノウハウをプロフェッショナルがハイレベルで体系的にサポートします。Well-Beingの領域で、21世紀の課題解決に向かうスタートアップ全てが対象となります。

2. 21世紀の課題解決に向けた「自社事業の創造」
スタートアップのエコシステムという観点とWell-Beingの領域で自社事業を創造します。

3. 21世紀の課題解決に向けた「大企業やスタートアップとの共同事業」
日本でオープンイノベーションやコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)がなかなか成功しない理由として、「各企業におけるイノベーションが何か」についての目利きがされていないことと「オープンイノベーションを形にするための人的リソース不足」が挙げられます。WEIN挑戦者FUNDではこの「イノベーションに対する目利き力」、「人的リソースおよびノウハウ」を提供し、Well-Beingの領域で大企業が再びイノベーションを起こし、またスタートアップの成⻑を加速させる共同事業を展開いたします。




【代表パートナー/Co-Founderプロフィール】

・WEIN挑戦者FUND 代表パートナー/Co-Founder 溝口 勇児
高校在学中からトレーナーとして活動し、今日までプロ野球選手やプロバスケットボール選手、芸能人等、延べ数百人を超えるトップアスリート及び著名人のカラダ作りに携わる。またコンサルタントとして数多くの新規事業の立ち上げや企業の再建を担い、予防・ヘルスケア・ウェルネス分野での経験、知見を蓄積。2012年にFiNC Technologiesを設立し、代表取締役社⻑CEOに就任。総額150億円超の資金調達をした後、2019年12月に代表取締役社⻑を退任。2020年4月より国際NGOジャパンハートアドバイザー就任。WIRED INNOVATION AWARD2018 イノヴェイター20人、日経ビジネス「若手社⻑が選ぶベスト社⻑」に選出。

・WEIN挑戦者FUND 代表パートナー/Co-Founder 高岡 浩三
1983年ネスレ日本株式会社入社。各種ブランドマネジャー等を経て、「キットカット受験生応援キャンペーン」を成功させる。2010年11月ネスレ日本株式会社代表取締役社⻑兼CEOに就任。「ネスカフェアンバサダー」などの新しいビジネスモデルの構築を通じて高利益率を実現する一方、管理部門も含め、あらゆる部門に「マーケティング」を採り入れ、グローバルに通用する成熟先進国ビジネスモデルの構築に力を注ぐ。2020年3月末にネスレ日本CEOを退任後、ケイアンドカンパニー株式会社代表取締役として、B2Cのデジタルトランスフォーメーション(DX)を中心とするコンサルティング活動を行っている。

・WEIN挑戦者FUND 代表パートナー/Co-Founder 本田 圭佑
サッカー選手として過去3回のワールドカップに出場し、各大会にてゴール・アシストを記録した世界で6人目のプレイヤーとなる。ビジネス面では現在、世界74カ所の地域でサッカースクール・クラブを運営。16年にはエンジェル投資を始め、現在50以上のスタートアップに投資している。18年には、世界的俳優ウィル・スミスとのベンチャーキャピタルファンド「ドリーマーズファンド」を発表。

【WEIN挑戦者FUND 概要】
■所在地
東京都港区海岸1丁目4-22 SNビル10階
■代表者
WEIN挑戦者FUND 代表パートナー/Co-Founder 溝口勇児
WEIN挑戦者FUND 代表パートナー/Co-Founder 高岡浩三
WEIN挑戦者FUND 代表パートナー/Co-Founder 本田圭佑
■事業概要
21世紀の課題である孤独、退屈、不安に挑む挑戦者を支援し、また自らも事業を行い課題解決に向け挑戦するファンド
(1)21世紀の課題に挑戦するスタートアップへの投資
(2)21世紀の課題解決に向けた自らの事業創造
(3)21世紀の課題解決に向けた大企業やスタートアップとの共同事業の展開
■名前の由来
WEINは、ウェルビーイング(Well-being)とリンク(Link)を掛け合わせた造語。また、21世紀の課題に挑む挑戦者を支援し、自らの挑戦するファンドであることから、「WEIN挑戦者FUND」と名付けた。


【本件に関する報道関係者のお問い合わせ先】
WEIN挑戦者FUND
担当:広報 瀧本/尊田/堀江
TEL:090-2300-5942
E-mail:pr@wein.co.jp

CONTACT